うつ病の人との接し方を考える

うつ病患者への接し方|自尊心を尊重する対応を心掛ける

処方薬と勃起不全の相関性

カウンセリング

うつ病を発症してしまった場合、その人に合った薬が処方されます。うつの改善に効果を発揮する一方、副作用の一部として男性に勃起不全があらわれてしまうこともあります。女性はそのことを理解して正しい接し方をとりましょう。

詳しくはコチラ

患者への接し方について

座る男の人

うつ病を発症させている人が身近にいる場合は、「接し方」に十分気を配りましょう。その人が身近であればあるほど、強く意識する必要があります。うつ病の改善には、周囲の人間のうつ病への理解、そして接し方がとても重要なものとなるのです。

詳しくはコチラ

自殺願望を抱いている場合

女の人

うつ病患者の中には、自殺願望を抱いている人もいます。そのような患者に対しては、通常の患者以上に接し方に気を配る必要があります。いつ行為に走ってもおかしくないからです。

詳しくはコチラ

心理的な負担を取りのぞく

看護師

現代病とも言えるうつ病は、日本国内においても年々患者数が増加しています。うつ病になってしまう原因は様々ですが、ストレスが大きく関わっていると考えられています。社会人であれば会社での人間関係や成績、部署の移動をきっかけに発症することもあります。学生なら学業の成績や友人との交流をきっかけに内にこもってしまうこともあります。また、女性はホルモンバランスが加齢や出産をきっかけに崩れてしまい、鬱を発症してしまうこともあります。一時的なものだと安易に決めてしまい誤った対応をしてしまうと症状が悪化してしまいます。家族や友人がうつ病になった場合、どのような対応が最適なのか事前に知っておく必要があります。

基本的には、ストレスがかからない環境を用意してあげて精神的な負担を極力取り除いてあげるようにしましょう。もしも家族や子供が発症した場合、会社に勤めているのであれば就業時間の変更や調整、休職の対応を一緒に考えてあげましょう。ここで間違っていけないのは、本人の意思を尊重しない行動です。本人が仕事を続けたいなら、無理に離職させる必要はありません。担当者に連絡して事情を説明する仲介役となって協力してあげましょう。もしも会社の都合で離職を余儀なくされた場合、さらなるストレスがかかることが予想されますが、そのような場合は医師と協力して治療につとめるように話し合ってみましょう。鬱になっても頑張りが足りたいと、自分を責める患者も数多くいます。自暴自棄に陥らないためにも、定期的なカウンセリングは必要不可欠になります。また、患者一人だけで症状を克服することは非常に難しく、例え改善しても長期間の治療が必要になってしまいます。よって家族や親しい人の協力が必要不可欠なのです。カウンセリングはできるだけ家族も一緒に同席しましょう。患者本人の心境を知ることもできますし、医師による正しいアドバイスや接し方も学ぶことができます。症状の改善に薬が処方されることもありますが、どのような薬を処方されるのか知っておけば、いざという時に対応できます。効果や副作用を理解することで、正しい接し方ができます。処方される薬の種類は数多く、効果がない場合は医師の判断によって変更されることもあります。軽度の症状なら少ない種類の薬で症状の改善がみられます。体調が良くなると、薬の量も減っていき最終的には普段と変わらない生活をおくることが可能です。